浪速風

値上げと値下げ

原油高の影響により食料品価格が上昇している
原油高の影響により食料品価格が上昇している

100円ショップが150円ショップになっては締まらない。米の1ドルショップが1・25ドル(140円ほど)に値上げすると聞いてそんなことを考えていたら、あっという間に庶民生活は値上げニュースのラッシュに見舞われるようになった

▼ニッスイに続いて紀文もちくわなどを値上げ。原料の魚のすり身が需要の高まりで値段が上がっている上に、原油高で包装費や物流コストがかさむためだという。深刻なのは街のクリーニング店だろう。ボイラーに重油を使い、配達には車を使う。溶剤やハンガー、ポリ袋など経費の多くも石油系で、仕入れ値の上昇は利益を圧迫する

▼政府が米と協調して備蓄石油の余剰分を放出する方針を示し、一時値下がりしていた原油の先物市場も「効果は限定的」とみるや再び上昇に転じた。それでも焼け石に水とて国は引き続き努力をせねばなるまい。もっとも、先般議論が沸騰した議員歳費や手当は値下げがよろしい。