維新・松井氏「文通費見える化を」 透明性確保へ

日本維新の会代表の松井一郎市長
日本維新の会代表の松井一郎市長

日本維新の会代表の松井一郎大阪市長は25日、国会議員に支給される月額100万円の「文書通信交通滞在費」を巡り、透明性を確保するための党内の取り組みとして「文通費の経費を見える化したい」と言及した。専用の資金管理団体の設立を例に挙げたが、詳細は今後検討するとした。市役所で記者団に語った。

同時に「納税者から見て納得感の得られるような形をまず独自に実施したい」とした上で「(文通費の中から)人件費を誰にいくら払っているかをしっかりオープンにしていく」と述べた。

維新は、文通費を各議員が代表を務める政治団体に寄付し、団体から発行した領収書を公開する独自ルールで運用していたが、人件費に充てられるなど目的外利用ではないかとの指摘が出ていた。