前回準Vの「みまひな」、成長した姿で快勝発進 卓球世界選手権

女子ダブルス1回戦でフランスペアに勝利した伊藤(右)、早田組=米ヒューストン(共同)
女子ダブルス1回戦でフランスペアに勝利した伊藤(右)、早田組=米ヒューストン(共同)

卓球の世界選手権個人戦第2日は24日、米ヒューストンで行われ、女子ダブルス1回戦で前回準優勝の伊藤美誠(スターツ)早田ひな(日本生命)組がマリ・ミゴ、オドレ・ザリフ組(フランス)を3―0で下し、2回戦に進んだ。

互いに成長した姿で「みまひな」ペアが再び世界に挑む。東京五輪前はダブルスを組んでいなかったが、ブランクの影響はない。快勝発進に早田は「個人の力がついた証拠」と手応えを語った。

2人ともフットワークが鍛えられ、プレー範囲が広がった。第4ゲームの9―5で納得のプレーが出た。台から離された展開で伊藤が右に飛びついてつなぐ。逆方向に戻ってきたボールを今度は早田が泳ぎながらもフォアハンドでとらえた。ただ当てただけでなく鋭いコースに決まり、伊藤は「難しい体勢でも入れられて、ひなにバトンパスできた」と話した。(共同)