共産・志位氏「『公明』の看板降ろした方がよい」

日本共産党の志位和夫委員長=10月31日午後、東京都渋谷区(鴨志田拓海撮影)
日本共産党の志位和夫委員長=10月31日午後、東京都渋谷区(鴨志田拓海撮影)

共産党の志位和夫委員長は25日の記者会見で、斉藤鉄夫国土交通相が衆院選期間中に開いた演説会で出席者に旅費名目で現金が支払われたとする報道があったことについて、岸田文雄首相と公明党が「責任ある対応」をしなければ、臨時国会で追及する考えを示した。

公明に対しては「党としてきちんと調査をして、真相を明らかにする責任がある。それができないのならば『公明党』という名前、看板を降ろした方がよい。それくらい深刻な問題だと考えている」とも語った。