民家から約1700万円を盗んだ疑い 男を再逮捕

神奈川県警本部
神奈川県警本部

他人宅に侵入して現金を盗んだとして、神奈川県警捜査3課は25日、窃盗と住居侵入の疑いで、同県厚木市戸室の無職、近藤和弘被告(47)=窃盗罪などで起訴=を再逮捕した。容疑を認めている。

再逮捕容疑は10月8日午前9時45分ごろから午後2時55分ごろまでの間、市内に住む会社員の男性(58)宅に侵入し、金庫の中にあった現金約1700万円を盗んだとしている。

同課によると、近藤容疑者は10月以降、同様の疑いで2度逮捕、起訴されており、いずれも同市内での犯行だったという。同課は7年ほど前から、ほかにも80件ほどの余罪があるとみて調べを進めている。