「国交相進退に発展せず」 公明幹部、演説会現金問題

公明党の北側一雄中央幹事会長(春名中撮影)
公明党の北側一雄中央幹事会長(春名中撮影)

公明党の北側一雄中央幹事会長は25日の記者会見で、同党の斉藤鉄夫国土交通相が衆院選中に開いた演説会をめぐる現金支払い問題に関し、斉藤氏の進退問題にはつながらないとの認識を示した。「広島県トラック協会」の関連団体が、演説会に出席した協会員に旅費名目で現金を支給。北側氏は「斉藤氏自身が全く知らないと説明している。知らないなら進退の話にならない」と指摘した。

同時に「演説会参加の交通費名目であれ、金銭が交付されるのは適切ではない」とも語った。

松野博一官房長官は会見で「必要であれば関係者においてしっかりと説明されるべきだ」と述べた。斉藤氏から、経緯の説明を受けたことも明かした。

斉藤氏は24日、記者団に「一切知らない。全く関与しておらず、団体に説明をお願いしたい」と語っていた。