78歳男性死亡、おい逮捕 腹部刺した殺人容疑、鎌倉

神奈川県警本部
神奈川県警本部

神奈川県鎌倉市の住宅で住人の無職、奥村直司(なおし)さん(78)が死亡しているのが見つかった事件で、県警は23日夜、殺人の疑いで、奥村さんと同居するおいの奥井剛容疑者(46)を逮捕した。奥井容疑者は事件後、出頭していた。

逮捕容疑は自宅で22日、奥村さんの腹部を刃物のようなもので突き刺すなどし、殺害したとしている。

県警によると、住宅には奥村さんと長男(40)、妹(74)、妹の長男である奥井容疑者の4人が暮らしていた。

奥村さんは22日午後7時20分ごろ、2階の居間で、腹部など数カ所を刺され倒れているのを妹が発見。妹は「夕食の時間になっても1階に来なかったので2階に行ったら倒れていた」と話しているという。妹が奥村さんを発見した際、長男と奥井容疑者は不在だった。

現場はJR鎌倉駅の北東約1キロで、鶴岡八幡宮に近い住宅街。