芝田が2回戦進出 世界卓球開幕

女子シングルス1回戦を突破した芝田沙季(奥)=ヒューストン(共同)
女子シングルス1回戦を突破した芝田沙季(奥)=ヒューストン(共同)

2年に1度開催される卓球の世界選手権個人戦は23日、米ヒューストンで開幕し、シングルス1回戦で女子の芝田沙季(ミキハウス)がマドゥリカ・パトカル(インド)に4―0で快勝して2回戦に進んだ。

男子は戸上隼輔(明大)がトマーシュ・ポランスキー(チェコ)に4―1で勝利したが、宇田幸矢(明大)はダン・チウ(ドイツ)に1―4で敗れた。

混合ダブルス1回戦は宇田、芝田組がユージーン・ワン、モー・チャン(カナダ)組に3―2で競り勝った。25日(日本時間26日)の2回戦で張本智和(木下グループ)早田ひな(日本生命)組と対戦する。(共同)