オリックス打線つながらず 王手を許し「全力でやるだけ」

【ヤクルトーオリックス】九回、リードを許す展開に沈黙するオリックスベンチ=東京ドーム
【ヤクルトーオリックス】九回、リードを許す展開に沈黙するオリックスベンチ=東京ドーム

24日に東京ドームで行われた日本シリーズ第4戦。オリックスは1点を追う九回2死二塁、T-岡田が放った一、二塁間へのゴロがヤクルトの一塁手、オスナの好捕に阻まれ、ゲームセット。ファンの祈りは届かず、日本一への王手を許した。

打線がつながらない。走者を置いて安打が出たのは六回2死一塁からの宗の1本だけ。相手失策がからんで唯一の得点となったが、ベンチが盛り上がったのはこの場面だけだった。

ヤクルト先発の石川の前に二回無死一塁では安達が注文通りの遊ゴロを打たされて併殺打。三回から五回はいずれも三者凡退。中嶋監督は「ミーティングでやったはずだが、考えがまとまらないうちに手を出していた」。的を絞らせないベテランの投球術に脱帽するしかなかった。

同点に追いついた直後、2番手の増井が2死走者なしから四球。安打を打たれ、代わった3番手の比嘉がオスナに決勝打を浴びた。継投もレギュラーシーズンのようにうまくはまらない。スコア上は接戦が続くが、指揮官は「しっかりやれていない部分がすごくある。接戦とは感じていない」と首を振る。

3連敗で後がなくなった。「あと1個負けたら終わり。全力でやるだけ」と指揮官。この言葉を胸に、勝つしかない。(鮫島敬三)