石油備蓄放出は「油種入れ替え前倒し」 官房長官、合法性を強調

会見する松野博一官房長官=24日午前、首相官邸(矢島康弘撮影)
会見する松野博一官房長官=24日午前、首相官邸(矢島康弘撮影)

松野博一官房長官は24日午前の記者会見で、政府が米国などと協調し、国の石油備蓄の一部放出を決定したことに関し、定期的な油種入れ替えの前倒し措置だと説明した。「従来繰り返し実施してきた油種入れ替えを前倒しで実施することとした。石油備蓄法に反しない形だと考えている」と述べた。