千葉の漁港でも軽石を確認

千葉県は24日、勝浦市の勝浦漁港で軽石が見つかったと明らかにした。小笠原諸島の海底火山「福徳岡ノ場」の噴火で発生した軽石の可能性がある。県はオイルフェンスの設置に備え、備蓄状況を確認している。

県によると、勝浦漁港では16日にも軽石を確認。これまでに館山市や南房総市でも見つかっているという。県は、軽石が見つかった場合は速やかに連絡するよう、漁協などの関係団体に呼び掛けている。

神奈川県内の海岸でも軽石が見つかったことが既に判明している。