中3刺殺、昨年同クラスで出身小も同じ 第三者委設置へ

愛知県弥富市立中で3年の男子生徒(14)が同学年の男子生徒(14)に刺され死亡した事件で、2人が2年生の時に同じクラスだったことが24日、県警などへの取材で分かった。市教育委員会によると出身小学校も一緒で、県警は何らかのトラブルが事件につながったとみて詳しい経緯を調べている。

市教委の奥山巧教育長は24日午後に記者会見し「悲しい事態になった。遺族にお悔やみ申し上げる」と述べ、原因を究明するため第三者委員会を設置すると表明した。2人の間のトラブルは「把握していない」と説明した。

市教委によると、死亡した男子生徒は、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された男子生徒と現在は違うクラスに在籍。部活動も異なるという。

中3男子刺され心肺停止 殺人未遂疑い同級生逮捕