スパイウエア開発企業提訴 米アップル、ユーザー保護

米アップルはイスラエルのスパイウエア開発企業を提訴した(AP)
米アップルはイスラエルのスパイウエア開発企業を提訴した(AP)

米アップルは23日、イスラエルのサイバー関連企業NSOグループが開発したスパイウエアが米国のアップルユーザーを監視するのに使用されていたとして、損害賠償などを求めてNSOや親会社を米連邦地裁に提訴したと発表した。

NSOのスパイウエア「ペガサス」は、世界各国の閣僚や人権活動家、記者らのスマートフォンをのぞき見るのに使われたと指摘されている。アップルは、NSOがアップルの製品やサービスを使用することを禁止するよう求めた。

アップルは声明で、NSOのスパイウエアを使って高度に標的を絞ったサイバー攻撃が行われており、アップル製品のマイクやカメラ、データに不正アクセスしていると指摘。ユーザーに対し、攻撃を防ぐために基本ソフト「iOS」を最新バージョンに更新するよう呼び掛けた。