TOB防衛策への賛否言及せず 財務相、新生銀の臨時総会

鈴木俊一財務相兼金融担当相
鈴木俊一財務相兼金融担当相

SBIホールディングスが実施している新生銀行への株式公開買い付け(TOB)を巡り、新生銀が25日の臨時株主総会で諮る買収防衛策発動の賛否について、鈴木俊一財務相兼金融担当相は24日の閣議後記者会見で「事前に答えることはふさわしくない」と言及を避けた。政府は新生銀の事実上の筆頭株主で、賛否を巡る判断が注目を集めている。

鈴木氏は会見で「直接の株主である預金保険機構、整理回収機構の検討を踏まえて適切に対応したい」と述べた。