岡山女児殺害で無期懲役求刑

岡山県津山市で平成16年9月、小学3年の女児=当時(9)=を刃物で殺害したとして、殺人罪などに問われた無職、勝田州彦被告(42)の裁判員裁判が24日、岡山地裁(倉成章裁判長)であった。検察側は論告で「(女児は)輝かしい未来の全てを奪われた。冷酷で残虐な犯行だ」として無期懲役を求刑した。

無罪を訴える被告が捜査段階で一時、殺害を認めた「自白」の信用性が争点。検察側は論告で、被告は取調官の誘導を受けずに自ら殺害の手順などを説明しており「自白」は信用できると主張した。午後に弁護側の最終弁論などがあり結審する。判決は来年1月6日。

被告は初公判で「絶対にやっていない。(事件の当日は)現場に行っていない」と否認。弁護側は無罪を主張している。