河合団長「経験を生かす」 北京パラへメッセージ公開

北京冬季パラリンピック開幕まで100日となった24日、日本パラリンピック委員会(JPC)の河合純一委員長が選手に向けた動画メッセージを公開し「アスリートであった経験や、東京大会での経験を生かし、皆さんにしっかりつないでいきたい」と呼び掛けた。

パラリンピック競泳金メダリストの河合氏は今夏の東京パラに続き、夏冬2大会連続で日本選手団の団長を務める。「(周りの人への)感謝を表現する機会が100日後に迫っている」とも語り、奮起を促した。