妻の遺体安置中の住宅で火災、夫と連絡取れず 千葉

千葉県栄町南ケ丘の無職、大田久隆さん(71)方から24日午前に出火し、木造2階建てを全焼、焼け跡から性別不明の1人の遺体が見つかった。県警印西署によると、大田さんは妻の孝子さん(71)と2人暮らしだが、孝子さんは23日に入院先で死亡したばかりで、遺体は自宅に安置されていた。遺体は孝子さんの可能性があるとみて調べている。

同署によると、大田さんと連絡が取れず、確認を進めている。現場はJR小林駅から北に約750メートルの住宅街。24日午前9時半ごろ、火が出ていると近所の住民から119番通報があった。