封書のカード横領疑い、郵便局員再逮捕 「生活に余裕なかった」

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

クレジットカードが入った封書1通を配達せず横領したとして、警視庁赤羽署は24日、業務上横領の疑いで東京都北区にある赤羽郵便局の課長代理、阿部淳一容疑者(34)=千葉県松戸市中根=を再逮捕した。このカードで約23万円分の家具や日用品を購入したとみられ「生活に余裕がなく、自分の金を使いたくなかった」と供述している。

署によると、阿部容疑者は配達を担当しており、昨年11月からカードや商品券など郵便物数十通を着服していたとみられる。カードを使って商品を購入していたといい、署は被害総額が計100万円以上とみている。再逮捕容疑は8月3~4日、クレジットカードが入った封書を配達途中に着服したとしている。カードが届かないことに気付いた所有者が署に相談し、発覚。阿部容疑者は8月に他人のカードで家具を購入したとして、詐欺容疑で10月26日に逮捕され、その後起訴された。