「舞姫会」が巫女舞を奉納 青森・廣田神社で新嘗祭

新嘗祭では子供たちが優美な巫女舞を奉納した=23日、青森市(福田徳行撮影)
新嘗祭では子供たちが優美な巫女舞を奉納した=23日、青森市(福田徳行撮影)

青森市の廣田神社で23日、関係者約30人が出席して新嘗祭が開かれた。同市内の子供たちが優美な巫女(みこ)舞を奉納し、今年、収穫された農作物の恵みに感謝の気持ちをささげた。

同神社は同市内で唯一、巫女舞を指導しており、平成27年に「舞姫会」を結成。毎週金曜日に稽古を重ね、祭典やイベントなどで舞を披露している。この日は神事の後、5人の舞姫が太陽の恵みや自然への感謝の意味が込められた「豊栄(とよさか)の舞」を神前に奉納した。

今年、入会した同市立筒井南小4年の奥山柚咲(ゆずき)さん(10)は「緊張したけど、神様に無礼がないように、感謝の気持ちを込めて舞いました」と話した。