所長ら10人賭けゴルフ 中日本高速の子会社、一人500円

中日本高速道路の子会社で料金徴収業務をしている「中日本エクストール名古屋」(名古屋市)は23日、津営業所(津市)の所長と社員計10人が10月に賭けゴルフをしたとして、所長を文書で、他の9人を口頭で、それぞれ注意したと明らかにした。

同社の担当者は「賭博罪に当たり、やってはならない行為だ」と謝罪。賭け金が1人500円ずつと少額で反省しているとして刑事告発はしないとしている。三重県は当時、新型コロナウイルス対策で少人数での行動を求めていた。

同社によると、10人は10月14日、同県志摩市のゴルフ場で開催したコンペで賭けて優勝者を予想した。誰も的中せず返金されたという。外部から通報があり調べていた。