ヤ5―4オ サンタナが逆転2ラン

【プロ野球日本シリーズヤクルト対オリックス第3戦】 7回裏、ドミンゴ・サンタナが右越え2ラン本塁打  =東京ドーム(撮影・今野顕)
【プロ野球日本シリーズヤクルト対オリックス第3戦】 7回裏、ドミンゴ・サンタナが右越え2ラン本塁打  =東京ドーム(撮影・今野顕)

ヤクルトがシーソーゲームを制した。0―1の五回に中村の2点適時打に失策が絡み計3点を挙げ、3―4とされた七回にサンタナの2ランで再び逆転。石山が七回途中から好救援しマクガフが九回をしのいだ。

オリックスは1―3の六回に杉本の2ランで追い付き、七回に吉田正の適時二塁打で勝ち越したが、4番手の吉田凌が手痛い一発を浴びた。