84歳母親の遺体放置疑い 50歳息子を逮捕

母親の遺体を自宅で放置したとして、鳥取県警は23日、死体遺棄容疑で、同県米子市上福原、無職、山田哲也容疑者(50)を逮捕した。容疑を認めている。遺体に不審な外傷があったことなどから、県警は殺害容疑も視野に経緯を調べる。

逮捕容疑は20日ごろ以降、同居する母親、尚子さん(84)の遺体を自宅で遺棄したとしている。

県警によると、23日午前7時10分ごろ、近所の女性から「山田さん宅から男性の大きな声がする」と110番があった。駆け付けた県警米子署員が、浴室で尚子さんの遺体を発見。家の中にいた山田容疑者をその場で逮捕した。

山田容疑者は尚子さんと2人暮らし。遺体には出血の形跡もあった。県警は24日以降、司法解剖して死亡の日時や原因を調べる。