フォト特集

大谷の母校・花巻東、7点差追いつくも惜敗 明治神宮野球・準決

準決勝で広陵に敗れて、肩を落とす花巻東・佐々木麟太郎(手前右から2人目) =23日、神宮球場(撮影・桐原正道)
準決勝で広陵に敗れて、肩を落とす花巻東・佐々木麟太郎(手前右から2人目) =23日、神宮球場(撮影・桐原正道)

明治神宮野球大会第4日は23日、神宮球場で準決勝などが行われ、高校の部で広陵(中国)と大阪桐蔭(近畿)が決勝に進んだ。大学の部は神奈川大(関東2)が4強入りした。

広陵は八回に川瀬の適時三塁打で勝ち越し、花巻東(東北)との打撃戦を10―9で制した。大阪桐蔭は六回に打者一巡の猛攻で7点を奪い、九州国際大付(九州)を9―2の七回コールドゲームで退けた。

ギャラリーページで見る

佐々木同点3ランも…「勝てずに悔しい」

花巻東は五回までの7点差を追い付く粘りを見せた。八回1死満塁から犠飛で3点差とし、続く佐々木洋監督の長男で怪物スラッガー・麟太郎内野手(1年)が見逃せばボールの高め直球を捉えて右翼へ同点3ラン。その裏に勝ち越されて惜敗し、佐々木は「自分たちは逆転できると思ってやっていた。勝てずに悔しい」と声を詰まらせた。

二回の大量5失点が痛かった。2番手投手が1死も取れず、救援したエース萬谷も勢いを止められなかった。佐々木監督は「打線が食らい付いて頑張ってくれたが、失点が多くて流れを手繰り寄せられなかった」と反省した。

会員限定記事会員サービス詳細