鎌倉の住宅で男性刺され死亡 同居の妹長男と連絡取れず

22日午後7時20分ごろ、神奈川県鎌倉市雪ノ下の民家で、この家に住む無職、奥村直司さん(78)が倒れているのを同居する妹(74)が発見。奥村さんは病院に搬送されたが、腹部などに刃物のようなもので刺された傷が複数あり、約1時間半後に死亡が確認された。神奈川県警鎌倉署が殺人事件として捜査している。

同署によると、奥村さんは住宅の2階の床にあおむけに倒れているところを発見された。凶器はみつかっておらず、何者かが外部から侵入した形跡もこれまでのところ確認されていない。

奥村さんは自身の長男(40)と妹、その長男(46)の4人暮らし。妹の長男と連絡が取れていないといい、同署が行方を探している。妹はこの長男について「家族とは全く会話がなく、仕事も何をやっているのか分からない」などと説明しているという。

現場はJR鎌倉駅から北東へ徒歩約15分の住宅街。