障害者スポーツを体験 千葉市でフェスタ開催

車いすフェンシングを体験する参加者=23日、千葉市中央区(平田浩一撮影)
車いすフェンシングを体験する参加者=23日、千葉市中央区(平田浩一撮影)

障害者スポーツを体験するイベント「パラスポーツフェスタちば2021」が23日、千葉市中央区の千葉ポートアリーナで開かれた。約500人の市民らが参加し、競技者団体の指導を受けながら車いすラグビーやシッティングバレーボールなどの競技を楽しんだ。

6回目の今年も昨年と同様、新型コロナウイルス感染対策で参加人数を制限した。イベントはパラスポーツの普及や魅力発信、パラスポーツを通じた共生社会の実現が目的。県や同市などで構成する実行委員会が主催した。

車いすラグビーの体験コーナーでは、実際の競技で使われる車いすを使い、参加者らが車いすがぶつかる衝撃を体験し、大きな歓声が上がっていた。