日本シリーズはヤクルトが逆転で2連勝

【プロ野球日本シリーズヤクルト対オリックス】7回、2点本塁打を放ち村上宗隆と肘タッチを交わすヤクルトのドミンゴ・サンタナ=東京ドーム(撮影・松永渉平)
【プロ野球日本シリーズヤクルト対オリックス】7回、2点本塁打を放ち村上宗隆と肘タッチを交わすヤクルトのドミンゴ・サンタナ=東京ドーム(撮影・松永渉平)

SMBC日本シリーズ2021は23日、東京ドームに舞台を移して第3戦が行われ、20年ぶりの日本一を狙うヤクルト(セ・リーグ優勝)が25年ぶりの頂点を目指すオリックス(パ・リーグ優勝)に5―4と逆転勝ちで2連勝を飾り、対戦成績を2勝1敗とした。

ヤクルトは0―1の五回に中村の2点適時打に失策が絡んで3点を奪い逆転。投手陣がつかまり再びリードを許したが、3―4の七回にサンタナの2点本塁打で再逆転した。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で当初の日程より1週間遅れたため、既にアマ野球の大会の予定が入っていた神宮球場が使えず、東京ドームでの開催となった。

全試合がナイターで行われ、どちらかが4勝した時点で終了する。第6、7戦はほっともっとフィールド神戸で行われる。