故マラドーナ氏から性的暴行 キューバ人女性が記者会見

昨年11月に死去したディエゴ・マラドーナさん(ロイター)
昨年11月に死去したディエゴ・マラドーナさん(ロイター)

昨年11月に死去したサッカー元アルゼンチン代表マラドーナさんに「20年前に性的暴行を受けた」と、キューバ人の37歳の女性が訴えた。ロイター通信が22日、報じた。

ブエノスアイレスで記者会見した女性は、マラドーナさんがハバナに滞在していた際に出会ったと明かし「自分の純真な部分を全て奪われた」と話した。女性はマラドーナ氏と交際したが、少なくとも1回は性行為を強要されたとしている。(共同)