明治神宮野球大会決勝は広陵―大阪桐蔭 国学院大、神奈川大4強

【明治神宮野球大会 準決勝 花巻東高対広陵高】2回、3点本塁打を放ち走塁する広陵・真鍋慧=神宮球場(撮影・桐原正道)
【明治神宮野球大会 準決勝 花巻東高対広陵高】2回、3点本塁打を放ち走塁する広陵・真鍋慧=神宮球場(撮影・桐原正道)

明治神宮野球大会第4日は23日、神宮球場で行われ、高校の部の準決勝で広陵(中国)と大阪桐蔭(近畿)が勝って25日の決勝に進んだ。広陵は初、大阪桐蔭は18年ぶりの決勝進出。大学の部は準々決勝の残り2試合があり、国学院大(東都)と神奈川大(関東2)が4強入りした。

広陵は八回に川瀬の適時三塁打で勝ち越し、花巻東(東北)との打撃戦を10―9で制した。大阪桐蔭は六回に打者一巡の猛攻で7点を奪い、九州国際大付(九州)を9―2の七回コールドゲームで退けた。

国学院大は武内が八回2死まで走者を許さず3安打完封し、九産大(九州)を4―0で下した。神奈川大は七、八回に計9点を奪い、中部学院大(愛知・東海・北陸)に12―5の八回コールドで勝利した。24日の準決勝は慶大(東京六大学)―神奈川大、中央学院大(関東1)―国学院大の顔合わせ。