女性のコートに体液か 名古屋市消防職員を逮捕

女性のコートに体液のような液体をかけて汚したとして、愛知県警中村署は23日、器物損壊の疑いで、名古屋市消防局職員、蟹江(かにえ)政徳容疑者(38)=同県清須市枇杷島駅前東=を逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めている。

逮捕容疑は22日午前10時55分ごろ、JR名古屋駅のホームで女性(31)が着ていたコートに体液のような液体をかけて汚したとしている。

中村署によると、被害に気付いた女性が22日に被害届を提出。23日午前、蟹江容疑者が同署に出頭したため緊急逮捕した。2人に面識はないという。

名古屋市消防局によると、蟹江容疑者は港消防署の消防司令補で、勤務態度に問題はなかったという。22日は休みだった。