桐蔭学園など51校出そろう 全国高校ラグビー

12月27日に大阪府東大阪市の花園ラグビー場で開幕が予定されている第101回全国高校ラグビー大会の代表決定戦が23日終了し、3連覇を狙う桐蔭学園(神奈川)や前回大会準優勝の京都成章、3月の選抜大会覇者の東福岡、3大会ぶりの王座を目指す大阪桐蔭(大阪第3)など代表51校が出そろった。

倉敷(岡山)専大玉名(熊本)読谷(沖縄)の3校が初めて出場する。秋田工は2大会連続69度目、佐賀工は40大会連続50度目の出場。