栃木・大田原市長選 鈴木市議出馬へ 4人目の表明

任期満了に伴う栃木県大田原市長選(来年3月13日告示、20日投開票)で、同市議の鈴木隆氏(63)=写真=が無所属で出馬する意向を明らかにした。23日、産経新聞の取材に答えた。

取材に対し、鈴木氏は「後援会からの出馬要請を重く受け止め決断した」と理由を説明。「中央官庁での行政経験や国とのパイプ、市議としての活動実績などを踏まえて、かつての大田原市を復活し、コロナ禍後の新しい市政を発展させていきたい」と述べた。


鈴木氏は、文部科学省課長、信州大理事などを経て、令和元年の同市議選で初当選し、現在1期目。

同市長選をめぐっては、現職の津久井富雄氏(71)、同市議の星雅人氏(37)、前県議会議長で県議の相馬憲一氏(64)の3人が立候補を表明している。