最終戦Vで賞金女王の高真栄「誇りに思う」 米女子ゴルフ

米女子ゴルフ年間最優秀選手のトロフィー(左)とCMEツアー選手権の優勝トロフィーを手に笑顔を見せる高真栄=ティブロンGC(共同)
米女子ゴルフ年間最優秀選手のトロフィー(左)とCMEツアー選手権の優勝トロフィーを手に笑顔を見せる高真栄=ティブロンGC(共同)

■米女子ゴルフの最終戦に勝ち、3年連続賞金女王に輝いた高真栄の話「奈紗もネリー(コルダ)もいいプレーをしていたから12、13番くらいまでリーダーボードを見なかった。最後は2打リードしていると分かって、緊張しなくて済んだ。すごく楽しいラウンドだった。この試合に2年連続で勝てるなんて、誇りに思う」

■2位に終わった畑岡奈紗の話「結果として負けてしまったが、納得のいく内容だった。唯一、6番のボギーがすごく悔やまれる。最終日に米ツアーを引っ張る2人(高真栄とN・コルダ)と一緒に回ることができたのは財産になる」

■48位にとどまり賞金争いも6位の笹生優花の話「ショットは悪くなかったので、もう少し伸ばせたんじゃないかと思う。でも今年の初めにこの試合に出られるとは思っていなかった。出られただけでうれしかった」(共同)