広島の九里はFA権行使せず残留 今季13勝の最多勝右腕

広島・九里亜蓮投手(長尾みなみ撮影)
広島・九里亜蓮投手(長尾みなみ撮影)

プロ野球広島の九里亜蓮投手(30)が22日、今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せずに残留することを表明した。マツダスタジアムで取材に応じ、「愛着ある球団。悩んだが残留させてもらうことにした」と話した。

岡山理大付高から亜大を経て、ドラフト2位で2014年に入団。8年目の今季は25試合に登板して13勝9敗、防御率3・81で、自身初タイトルの最多勝に輝いた。通算成績は185試合で50勝40敗、防御率3・77。