ソウルで日韓局長協議 竹島上陸に抗議

船越健裕アジア大洋州局長
船越健裕アジア大洋州局長

外務省の船越健裕(たけひろ)アジア大洋州局長は22日、ソウルで韓国外務省の李相烈(イサンチョル)アジア太平洋局長と会談し、韓国が不法占拠する竹島(島根県隠岐の島町)に同国の警察庁長官が上陸したことについて「決して受け入れられない」と改めて抗議した。

両氏の会談は9月に東京で行われて以来。日本側はいわゆる徴用工訴訟問題をめぐり、差し押さえられた日本企業の資産が現金化されれば両国関係が深刻な状況を迎えるとして、韓国側に具体的な解決策を求めた。協議関係者によると、韓国側から具体的な提案はなかったといい、議論は前回までと同様に平行線をたどった。

韓国外務省によると、李氏は新型コロナウイルスの感染状況を踏まえつつ、両国間の人的交流の再開を徐々に拡大していくことを希望すると述べた。

船越氏は同日、李氏との会談に先立ち、韓国の魯圭悳(ノギュドク)朝鮮半島平和交渉本部長とも協議。北朝鮮問題の解決に向け、緊密に連携していくことを確認した。(ソウル 時吉達也、千葉倫之)