IOC会長、彭帥さんと電話 「北京の家で元気」も監視下か

モニター画面に映る中国の女子テニス選手、彭帥さんと会話を交わすIOCのバッハ会長(ⓒIOC/Greg Martin)
モニター画面に映る中国の女子テニス選手、彭帥さんと会話を交わすIOCのバッハ会長(ⓒIOC/Greg Martin)

【北京=三塚聖平】国際オリンピック委員会(IOC)は21日、バッハ会長が、中国の元副首相に性的関係を強要されたと告白した後に消息不明となっていた中国の有名女子テニス選手、彭帥(ほうすい)さんとテレビ電話で会話したと発表した。

彭さんは「北京の自宅にいる。安全で健康だ」と近況を語ったというが、当局の監視下に置かれている可能性もあり、国際社会が納得するか不透明だ。

テレビ電話による会話は30分間に及んだ。IOCの李玲蔚委員(中国)と、エマ・テルホ選手委員長(フィンランド)も参加した。

彭さんは、IOCが自身について気にかけてくれていることを感謝した上で、「今はプライバシーを尊重してほしい」と強調。「現時点では友人や家族と過ごしたい」と述べるとともに、テニスとの関わりは続けていきたいとの考えを示したという。

テルホ氏は「彭帥が元気にしているのを見て安心した。彼女はリラックスしているように見えた」とコメントした。バッハ氏は、彭さんを北京冬季五輪開催前の来年1月に北京での夕食に誘い、快諾を得たという。

22日昼には、バッハ氏と彭さんのテレビ電話について報じたNHK海外放送のニュース番組の放映が遮断された。中国では彭さんの問題に関する報道は規制を受けている。中国共産党最高指導部の元メンバーが関わる問題であるため、当局が神経をとがらせているとみられる。

中国共産党系メディア幹部が彭さんの近況とする動画を中国国内で規制されているツイッターで相次ぎ公開する一方で、彭さんは公の場で告白内容などについて語っていない。IOCと連携して事態の収拾を図ろうとしている可能性がある。来年2月の北京冬季五輪を予定通り開催したいためだ。

彭さんは今月2日、中国共産党最高指導部メンバーだった張高麗(ちょう・こうれい)元副首相と不倫関係にあったことや、同意なく性的関係を迫られたことを赤裸々に記した文章を、中国の短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」に投稿。投稿は即座に削除され、彭さんは2週間以上も消息がはっきりせず、テニス界や国際社会が懸念を表明していた。