沢村賞のオリックス山本「全会一致うれしい」

沢村賞を受賞したオリックスの山本=11月22日、東京都内(代表撮影)
沢村賞を受賞したオリックスの山本=11月22日、東京都内(代表撮影)

プロ野球草創期の名投手、故沢村栄治氏を記念し、シーズンで最も活躍した先発投手を表彰する「沢村賞」を受賞したオリックスの山本は22日、一流投手たちの系譜に名を連ねることになり「歴史のある賞なので本当にうれしい。先輩方に並んだとはいえないが、負けず嫌いで一生懸命投げた結果」と喜びを語った。

今季、先発投手が獲得できるタイトルを総なめ。選考委員に異論がなかった受賞については「タイトルと違って選んでいただくもの。狙ってとれる賞ではない。全会一致はうれしい」と笑顔でうなずいた。

過去に受賞したダルビッシュ有(パドレス)、前田健太(ツインズ)、田中将大(楽天)らは海を渡った。山本は「いまのレベルで(メジャーで)通用すると思わない。とにかく練習するだけ」。打たれない究極のストレートを投げるという理想を掲げ、常に課題と向き合っている。

日本シリーズを戦っている真っ最中だ。第1戦で先発し、6回1失点。チームはサヨナラ勝ちしたが「ぱっとしない投球。多少悔しさはあった」という。対戦成績は1勝1敗。再び先発の機会が巡ってくる可能性もある。「チームで1勝1勝積み重ねていきたい。登板があれば、いい投球ができるように頑張りたい」とリベンジを誓っていた。(鮫島敬三)