秋田でコロナワクチン誤接種、インフルと取り違え

秋田県能代市は22日、同市の医療機関で新型コロナウイルスワクチンの2回の接種を終えた市内の男性に、誤って3回目を接種したと発表した。男性はインフルエンザワクチンを受ける予定だったが、同じ時間帯に同じ名字の新型コロナウイルスワクチンの接種予定者がおり、取り違えが生じた。

市によると、ミスがあったのは20日。どちらも若い男性だった。接種の際、病院側が名字しか確認しなかったという。3回目を接種した男性は熱が出たが、体調に大きな問題はないとしている。