1位風間、ソフトBと合意 背番号1「うれしい」

風間球打=東京都内のホテル(撮影・松永渉平)
風間球打=東京都内のホテル(撮影・松永渉平)

ソフトバンクがドラフト1位で指名した秋田・ノースアジア大明桜高の風間球打投手(18)=183センチ、84キロ、右投げ左打ち=が22日、東京都内のホテルで入団交渉に臨み、契約金1億円プラス出来高払い、年俸1100万円で合意した。最速157キロを誇る剛腕。「300勝を目標に」と掲げ「いろんな賞を毎年取れるように活躍したい」と力強く話した。

背番号は高校でもエースとして背負った「1」に決まった。「自分でいいのかというのはあったが、期待していると言われてうれしかった。1番を背負うからには、一番チームのために活躍したい」と意気込んだ。

将来のエース候補として球団の期待は高い。永井編成育成本部長は「マウンドで戦う姿勢がすごく出る投手」と気持ちの強さを評価。会見での堂々とした話しぶりにも「すごいよね」と目を細めた。(金額は推定)