正論

文大統領「終戦宣言」危険な賭け 龍谷大学教授・李相哲

韓国の文在寅大統領(UPI=共同)、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党総書記(朝鮮中央通信=共同)
韓国の文在寅大統領(UPI=共同)、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党総書記(朝鮮中央通信=共同)

韓国の文在寅大統領が政権末期の最優先課題として取り組んでいる朝鮮戦争の〝終戦宣言〟は、文氏が主張するように「完全な平和の出発点」(今年9月、国連演説)ではなく、戦後、日米韓が構築してきた東北アジアの安全保障体制を壊す危険な賭けだ。

文氏は「終戦宣言は政治宣言にすぎないので北朝鮮が約束を守らなかったらいつでも取り消すことができる」(2018年9月)とも主張、外交力を総動員して国際社会の説得に躍起だが、いま文氏がやるべきは核開発やミサイル実験をやめようとしない金正恩総書記の説得ではないか。文氏は、終戦宣言を金氏との対話のためのお土産程度と考えているようだが、それは国際社会を欺くものだ。

金正恩氏への「免罪符」

まず終戦宣言は金正恩政権に免罪符を与えるものだ。1950年6月、北朝鮮の突然の侵攻で始まった朝鮮戦争中に北朝鮮軍は約10万人に上る韓国人を拉致した。韓国軍捕虜らは行方不明者を含め8万2千人に上り、休戦後も多くを抑留し続け、韓国側に引き渡したのは8300人にすぎない。

韓国「拉北者家族協議会」理事長は、戦争を引き起こした責任の糾明、責任者処罰は別にしても「拉北(拉致)問題解決なしに終戦宣言は絶対だめだ。このような問題をなかったことにはできない」(10月、RFA)と終戦宣言を急ぐ文氏を批判する。

ランキング

  1. 【言葉のひと解き】車座対話 国民目線での「聞く力」に期待 清湖口敏

  2. 【政治月旦】曲がり角に来た自公連立 国民のため…自民の信念問う

  3. 【正論】袋小路に追い込む「再毛沢東化」 東洋学園大学教授・櫻田淳

  4. 【産経抄】12月3日

  5. 【正論】それでも韓国との協力は必要だ 防衛大学校教授・神谷万丈

  6. 【主張】独新政権発足へ 中国偏重から転換を急げ

  7. 【主張】防衛予算 抑止力構築に増額必要だ

  8. 【宮家邦彦のWorld Watch】人権外交、中国の弱点を突け

  9. 【主張】コシヒカリ発言 知事が「分断」をあおった

  10. 【浪速風】関西ゴールデンイヤーズに