大谷翔平、国民栄誉賞を辞退 MVPでも「まだ早い」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平=アナハイム(共同)
米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平=アナハイム(共同)

米大リーグのア・リーグ最優秀選手(MVP)に輝いたエンゼルスの大谷翔平選手(27)が政府から国民栄誉賞を打診され、辞退していたことが22日、分かった。松野博一官房長官が記者会見で明らかにした。大谷選手側は「まだ早いので今回は辞退させていただきたい」と回答した。

日本人メジャー選手では、大谷選手が少年時代から憧れたイチローさんに続く国民栄誉賞辞退。投打の「二刀流」は道半ばであることを印象づけた。

メジャー4年目の今季は「9勝、46本塁打」と投打で歴史的活躍。一方でメジャーでフルシーズンを二刀流で戦ったのは今季だけ。「これからピークを迎える5~7年くらいが、もっともっと勝負じゃないかと思う」とさらなる飛躍を誓う。

松野氏は「さらなる高みに向けて、精進に集中するという強い気持ちと受け止めている。国民とともに来シーズン以降の一層の活躍をお祈りしたい」と期待した。

イチローさんは2001年のほか、シーズン最多安打のメジャー記録を樹立した04年、現役引退時の19年と3度辞退。ヤンキースなどで活躍した松井秀喜さんの受賞は引退後の13年だった。