32歳女性教諭が酒気帯び運転で6カ月の停職処分 依願退職

群馬県教育委員会は22日、酒気帯び運転をしたとして、県西部地域の公立中学校の女性教諭(32)に対し、停職6カ月の懲戒処分を同日付で行ったと発表した。教諭は同日付で依願退職した。

県教委によると、教諭は8月4日夜、友人宅でビールなどを飲酒し、翌5日未明に運転して帰宅しようとした。その際、高崎市内で県警の検問を受け酒気帯び運転で摘発された。教諭は罰金と免許取り消しの処分を受けた。