女性出演のドラマ放送禁止 タリバン暫定政権が指針

アフガニスタンのイスラム主義組織タリバン暫定政権は22日までに、テレビ局に女性が登場するドラマの放送を禁じ、ニュースなどその他の番組でも女性出演者に髪を隠す「ヘジャブ」をかぶるよう命じる文書を出した。旧タリバン政権で恐怖政治の象徴だった勧善懲悪省が出した初の指針。

8月に実権を握ったタリバンは女性の権利尊重を掲げたが、暫定政権閣僚に女性は含まれず、日本の中学・高校に当たる中等教育の一部で女子生徒の通学が再開されていない。国際社会は暫定政権に男女平等を強く求めている。

21日に出した指針は、外国文化の紹介などで「不道徳をもたらす」ような国内外の映画や、個人を侮辱したり尊厳を傷つけたりする娯楽番組などの放送を禁じた。男性出演者にも身体の露出を控えるよう求めるなど8項目に上る。(共同)