畑岡2位、高真栄が賞金女王 米女子ゴルフ最終戦

最終ラウンド、6番でバンカーショットを放つ畑岡奈紗。通算22アンダーで2位=ティブロンGC(共同)
最終ラウンド、6番でバンカーショットを放つ畑岡奈紗。通算22アンダーで2位=ティブロンGC(共同)

米女子ゴルフの今季最終戦、CMEツアー選手権は21日、フロリダ州ネープルズのティブロンGC(パー72)で最終ラウンドが行われ、首位で出た22歳の畑岡奈紗は9バーディー、1ボギーの64で通算22アンダー、266に伸ばしたが、同じ首位から63をマークした高真栄(韓国)に1打及ばず2位だった。

48万ドル(約5470万円)を加えた年間獲得賞金は190万ドル強(約2億1660万円)の3位で、日本勢で1987年の岡本綾子以来の賞金女王はならなかった。

26歳の高真栄は今季5勝目、通算12勝目で、2年ぶりにポイント制の年間最優秀選手に輝いた。女子では破格の優勝賞金150万ドル(約1億7100万円)を加え、合計350万ドル強(約4億円)で3年連続賞金女王となった。

笹生優花は通算3アンダーで48位。年間賞金は約152万ドル(約1億7300万円)で6位だった。最少平均スコアのタイトルはリディア・コ(ニュージーランド)が受賞した。(共同)