CAS審理を再要請 水球秀明大ク、日本水連に

水球の日本選手権で両チーム優勝となった女子決勝を巡り、勝利を取り消された秀明大クは22日、日本水連にスポーツ仲裁裁判所(CAS)での審理に同意するよう改めて要請した。公開質問状で、同点だった際に行うペナルティーシュート(PS)戦を実施しなかった理由の説明なども求めた。

10月31日の決勝は、終了の合図と同時に秀明大クが得点して13―12となり、優勝チームとして表彰も受けた。しかし敗れたNSSUクから試合後に抗議があり、残り10秒から再開した際、時計が約3秒間停止していたことが判明。日本水連は決勝点を取り消し、確認に時間を要したことなどからPS戦を行わず、両チームを優勝とした。

秀明大クはこの決定を不服とし、CASでの審理を求めたが、日本水連は19日、同意しないと発表していた。