観客制限撤廃目指す プロ野球オーナー会議

宮内義彦オーナー(撮影・水島啓輔)
宮内義彦オーナー(撮影・水島啓輔)

プロ野球のオーナー会議が22日、東京都内で開かれ、来季は観客数制限なしでの開催を目指す方針を改めて確認した。議長を務めたオリックスの宮内義彦オーナーは「政府の指針に沿い、人数制限を設けない一方、安心安全な開催を目指し、様々な準備をやっていく」と述べた。

現在は収容人数の50%が上限となっているが、政府は19日に新型コロナウイルス対策の「基本的対処方針」を改定し、一定の条件の下で人数制限を撤廃する方針を示している。

また、約3億9千万円の黒字となった2020年度(21年9月期)の決算が承認された。黒字は10期連続。来年の議長は巨人の山口寿一オーナーに決まった。