風間が入団合意「プロになると実感」 ソフトバンクのドラ1右腕

仮契約を終え、ユニホーム姿でポーズを決めるソフトバンクD1位の風間球打=東京都内のホテル(撮影・松永渉平)
仮契約を終え、ユニホーム姿でポーズを決めるソフトバンクD1位の風間球打=東京都内のホテル(撮影・松永渉平)

プロ野球ソフトバンクがドラフト1位で指名した秋田・ノースアジア大明桜高の風間球打投手(18)=183センチ、84キロ、右投げ左打ち=の入団が22日、決まった。東京都内のホテルで球団と交渉後に記者会見し、「プロ野球選手になるという実感が湧いた。300勝を目標にしたい」と引き締まった表情で意気込んだ。

最速157キロを誇る右の剛腕。粗削りながら、球団からは将来のエース候補として期待されている。「球速にもこだわりを持って、長く活躍できるようにしたい」と意欲を語った。