大谷の母校、花巻東が4強入り 佐々木先制打 明治神宮野球大会

1回、適時打を放つ花巻東・佐々木麟太郎(左)=神宮球場(蔵賢斗撮影)
1回、適時打を放つ花巻東・佐々木麟太郎(左)=神宮球場(蔵賢斗撮影)

明治神宮野球大会第3日は22日、神宮球場で高校の部の準々決勝が行われ、花巻東(東北)が高知(四国)を6―2で下し、準決勝へ進んだ。一回に佐々木の適時打で先制。1―1の三回に3点を勝ち越し、六回には田代がソロ本塁打を放った。