東海大―日大は引き分け 関東大学ラグビー

前半、突進してトライを決める東海大のレキマ・ナサミラ=夢の島競技場(撮影・蔵賢斗)
前半、突進してトライを決める東海大のレキマ・ナサミラ=夢の島競技場(撮影・蔵賢斗)

ラグビーの関東大学リーグは21日、東京・江東区夢の島競技場などでリーグ戦4試合が行われ、ともに開幕から5連勝していた東海大と日大は19―19で引き分けた。優勝決定は28日の最終戦に持ち越された。前半を7―7で折り返し、日大が一時は19―12とリードしたが、東海大が終了間際に追い付いた。

大東大は専大を45―21で下して4勝目。流通経大は法大に18―17で、関東学院大は中大に35―12で勝った。