小平が女子500メートルで2位 スピードW杯第2日

女子500メートルで2位の小平奈緒=スタバンゲル(AP=共同)
女子500メートルで2位の小平奈緒=スタバンゲル(AP=共同)

スピードスケートのワールドカップ(W杯)第2戦第2日は20日、ノルウェーのスタバンゲルで行われ、女子500メートルで平昌五輪金メダルの小平奈緒(相沢病院)が37秒70で2位に入った。エリン・ジャクソン(米国)が37秒60で連勝を3に伸ばした。

男子500メートルはローラン・デュブルイユ(カナダ)が34秒57で勝ち、新浜立也(高崎健康福祉大職)は34秒79の5位、森重航(専大)は6位。同1万メートルはニルス・ファンデルプール(スウェーデン)が12分38秒92で圧勝し、格下のBクラスでトップだった土屋良輔(メモリード)の13分3秒65は全体4番手の好タイムだった。(共同)