広陵、大阪桐蔭が4強 慶大も、明治神宮大会

【明治神宮野球大会 広陵対明秀学園日立】3回 2点本塁打を放った広陵9・内海優太=神宮球場(塩浦孝明撮影)
【明治神宮野球大会 広陵対明秀学園日立】3回 2点本塁打を放った広陵9・内海優太=神宮球場(塩浦孝明撮影)

明治神宮野球大会第2日は21日、神宮球場で行われ、高校の部の準々決勝で広陵(中国)と大阪桐蔭(近畿)が勝ち進んだ。大学の部は慶大(東京六大学)がベスト4入りし、国学院大(東都)は準々決勝に勝ち上がった。

広陵は0―1の二回に2点を奪って逆転。三回に内海が2点本塁打を放ち、明秀学園日立(関東)を5―3で破った。大阪桐蔭は3―4の六回に伊藤の適時二塁打などで2点。その後も加点し、敦賀気比(北信越)を8―4で下した。

準々決勝に臨んだ慶大は増居が6回を1安打に抑え、東農大北海道オホーツク(北海道)を7―0の七回コールドゲームで退けた。1回戦で国学院大は2点を追う八回に一挙5点を奪い、初出場の仙台大(東北)に5―3で逆転勝ちした。